割り切りとセフレを混同している人にセフレとは何か教えます

割り切りとセフレを混同している人にセフレとは何か教えます

セフレと割り切りの違い

割り切りとセフレを混同している人にセフレとは何か教えます
 皆さんはセフレ関係と割り切り関係の違いをはっきりと理解されているでしょうか?どちらの言葉も男女間の出会いで使用される場合は肉体関係が存在しています。2つの言葉を曖昧に捉えていたのでは、男女間でトラブルにも繋がりかねません。ここではセフレと割り切りという言葉の意味をもう少し深く掘り下げて見ていきたいと思います。読み進めていただければ、これまで何となく理解していた、セフレと割り切りの違いもはっきりと分かってくると思います。

割り切りとは

 まずは「割り切り」という言葉の意味から説明していきます。割り切りという言葉は一般的に使用される場合とインターネット上、特に出会い系サイトなどで使用される場合とでは、持っている意味が違ってきます。割り切りという言葉が一般的に使用される場合は、後腐れのない割り切った大人の関係という意味で使用されます。恋愛感情などを持たずに肉体関係だけを楽しむ関係ともいえます。しかし、割り切りという言葉が出会い系サイトで使用される場合は、金銭の受け渡しをする事で気持ちを割り切って、セックスする関係を意味しています。出会い系サイトをあまり利用した事が無い人は「これから割り切った関係で会ってみませんか」という内容の募集を見かけて、連絡を取り合って実際に会ってみて、セックスした後に金銭の受け渡しが発生するという事に驚くかもしれません。実際に私も出会い系サイトを利用し始めた頃は割り切りという言葉の意味を勘違いしていました。相手から「条件教えて下さい」と言われて、「条件は秘密厳守です」と答えたのを今でも覚えています。恥ずかしい限りです。

セフレとは

 次にセフレという言葉の意味を説明させていただきます。セフレという言葉はセックスフレンドの略語でセックスをする友達という意味合いです。知り合いや友達とセックスする事がセックスフレンドでは無くて、セックスをする為だけの男女関係の事をセックスフレンドと呼んでいます。ホテル代やデート代は掛かりますが、割り切りの関係とは違って肉体関係を持つ事に対して金銭の受け渡しは発生しません。セフレは悪く言えば、タダマンです。恋人でも無い相手とタダでセックスが出来ます。詳しくは後述させていただきますが、セフレ関係はセックスしたい時に直ぐにセックス出来て、余計な感情を持たない事が最低限のルールとなっています。煩わしい男女の駆け引きなどを好まない人にはうってつけの関係ではないでしょうか。

援デリをセフレと言って自慢していた友人

私の友人も出会い系サイトを利用して出会いを楽しんでいます。以前、この友人は「俺にはセフレがいる」と自慢げに話をしていましたが、話を聞いていくうちに相手にお金を渡していたことが判明しました。さらに詳しく話を聞いていくと、お金を渡していた相手とは援デリと呼ばれる風俗業者であったことが判明しました。出会い系サイトを使い始めの頃は募集をすれば、すぐに会える女性と関係を持ってしまいがちですが、そのほとんどは援デリです。援デリと関わるのは止めておいた方が良いと思います。援デリの特徴としては、効率良く多くの男性とセックスする事でお金を稼ごうと考えている事が挙げられます。この為にネットで可愛い女性の写メを使用して男性の目を惹いたり、ムードも何もない事務的なセックスを強要されたりします。しかも、セックスする度にお金の受け渡しが発生します。相手にもよりますが、ホテル代とは別に1回最低でも10,000円程度は掛かってしまいます。援デリと関わらない為のコツなども習得していきましょう。

割り切り関係のメリット・デメリット

 割り切り関係のメリット・デメリットについて見ていきましょう。メリットとしてはすぐにセックスする相手が見つかるという事が一番に挙げられます。男女ともに出会い系サイトなどで「これから割り切りで会えませんか?」と募集すれば、何人からか連絡が届きます。選り好みさえしなければ数十分後にセックスしているなんて事も可能です。実際に会ってみて気に入れば、定期的に会ってセックスをする関係になれる事もメリットといえるのではないでしょうか?女性側のメリットとしては、簡単にお小遣い稼ぎが出来るという点が挙げられます。金額もある程度は女性主導で決められるのもメリットになります。反対に割り切りの関係にお金のやり取りが発生するという事は男性にとってはデメリットになってしまいます。毎回会う度にお金を支払う訳ですから経済的に圧迫する事になります。お小遣い制の既婚者はバレない様に気を付けて下さい。女性側のデメリットとしては、いくら優良出会い系サイトなどを利用しているとは言え、見ず知らずの男性と肉体関係を持つ訳ですから、全くリスクが無いという訳ではありませんし、事件や事故に巻き込まれる可能性もあります。レイプまがいの事を強要されたり、何かがきっかけで男性とトラブルになったりする場合もあります。他にも肉体関係を持つので、妊娠や性病感染のリスクもあります。割り切りはあくまでも個人間の出会いになりますので、誰も助けてくれません。あくまで自己責任で行ってください。

セフレ関係のメリット・デメリット

 次にセフレ関係のメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットとしては割り切りの関係と同様にセックスしたい時にセックスが出来るという事が挙げられます。但し、割り切りと違うのは、出会い系サイトなどで募集を行ったり、やり取りをして相手を探す手間が掛かりません。男性側は肉体関係を持っても、ホテル代以外にお金は掛かりませんので経済的に非常に助かります。セフレ関係は一切の感情を抜きにして、セックスだけを楽しむ関係なので、男女間でよく見られる嫉妬や妬みなどの煩わしい駆け引きがありません。別れる時も未練なく別れる事が出来ます。但し、この感情が無い関係性がデメリットになってしまう事もあります。初めはセフレの関係でスタートしても、会っていく内に情が湧いて、恋愛感情が芽生えて、好きになってしまう事もあるでしょう。セフレ関係でなく、恋人関係になりたいと思い始めても、それは叶いません。相手も同じ気持ちであれば成立するかもしれませんが、相手も無駄な感情の駆け引きが面倒くさくてセフレを探している場合が多いので、その感情を表に出してしまうと、関係性が終わってしまう事もあります。個人的には本命の相手がいて、セカンドパートナーとしてセフレがいる位がちょうど良いのかなと思っています。

トップへ戻る