セフレを作る時の注意点を知っておこう

セフレを作る時の注意点を知っておこう

ポイントを押さえて楽しいセフレ関係に

セフレを作る時の注意点を知っておこう
 セフレを作る時はいくつか注意点や押さえておかなければならない事があります。この辺りの事をきちんと理解していないままセフレ関係をスタートさせてしまうとトラブルに発展してしまうケースもあります。セフレ関係を正しく理解していれば、セックスしたい時にセックスが出来るセフレは非常に都合の良い存在になると思います。ここではセフレを作る際に押さえておかなければならないポイントをいくつか説明させていただきます。また、セフレはその関係性から、向いている人と向いていない人に分かれてきます。これから説明させていただく内容を読み進めていただいてセフレ関係に向いているかを確認していただくのも良いかもしれません。

恋愛感情を持たない

 セフレ関係は一言で言えば、ただセックスする、肉体関係を持つだけの関係です。言葉は乱暴ですが、セックスしたい時だけ会って、セックスをして、バイバイという間柄です。男女間に一切の感情はありません。特に相手に恋愛感情を抱く事はタブーとされています。恋愛感情を持ってしまうと、セフレでは無く、彼氏彼女の関係になってしまいます。男女間に余計な感情を持ちこみ始めると、嫉妬・妬み・僻みなどのネガティブな感情を生み出してしまい、セックスだけを楽しむセフレ関係ではいれなくなってしまいます。その様な煩わしい男女間の駆け引きが面倒と感じて、セフレ関係を求めている人も少なくありません。中には決まったパートナーがいても、セフレを探す人もいます。決まったパートナーには愛情を注ぎながら、セフレには決まったパートナーでは補えない肉体関係の部分を求めるといった感じです。この事から、あなたが恋愛体質であれば、セフレ関係を築くのには向いていないと思います。

相手を必要以上に詮索しない

 相手の事を必要以上に詮索しないという事は、先程説明させていただいた感情を持たないという事にも繋がってきます。相手の事を必要以上に詮索をしてしまうと、要らぬ感情が芽生えてきます。例えば、相手が既婚者であった場合に相手の奥さんの事を知ってしまうと、奥さんに対して嫉妬心を抱く事にもなりかねません。セフレ関係には相手に色々と詮索されないから精神的に楽というメリットがあるので、感情を割り切ったセフレ関係が良いという人もいる位です。自分の事に立ち入ってこない事に寂しさを感じてしまう人もいるかもしれません。あなたが構ってちゃん気質であれば、セフレには向いていないと思います。

決して口外しない

 セフレが出来た事や相手の事を簡単に口外してはいけません。決まったパートナーがいる相手であれば、関係がバレてしまってはセフレどころではなくなってしまいます。また、職場内でセフレ関係になっている場合は関係が周囲にバレてしまっては、仕事にも影響が出てきます。最悪は退職しなくてはならなくなるかもしれません。また、女性の中には肉体関係のみのセフレという関係に否定的な人もいます。その様な女性にセフレ関係がバレてしまった場合、ある事ない事を広められてしまう事になってしまいます。そうなってしまっては働きづらくなることは間違いありません。この様に見てくると、男女問わず口が軽い人はセフレ関係には向いていないと思います。

相手に依存しない

 相手に依存しないという事は感情を持たないという事にも繋がってきます。例えば、セフレ関係なのに他の男友達と遊びに行く事に嫉妬されたり、異常なまでに束縛されたりしてしまっては、それはセフレ関係では無くなってしまいます。この様に相手に依存してしまいがちな男性とセフレ関係になっても後々面倒な事になるのは目に見えていますので、セフレという関係性をきちんと理解している相手を見つける事が大事になってきます。自分一人では何も決めきらない、常に誰かと一緒にいなければ不安を感じてしまう様な人はセフレには向いていないと思います。

避妊や性病感染

 最後は避妊や性病感染についてです。肉体関係を持つ以上、この2つの事に関しては常に気を付けておかなければなりませんし、切り離せないリスクになってきます。いくらセフレが気持ちの良いセックスを求める関係とはいえ、避妊をしないで良いという事にはなりません。確かにコンドームを着けるのと付けないのでは全く違いますが、それは本命のパートナーとする事です。感情を持たない関係であるセフレが妊娠したとしても、子供を認知する事はほとんど無いと思います。女性もセフレの男性が子供を認知したり、結婚してくれない事を分かっているので、妊娠の事を誰にも相談できずに人知れず堕ろす事を選択する事になるでしょう。そうならない為にも、その場の雰囲気に流されずに避妊はしっかりとしましょう。特に女性の場合はコンドームを持ち歩く、セックス中は自分でコンドームを着ける位の気持ちでいた方が良いでしょう。そうする事で性病感染についても防ぐことが出来ます。性病に感染してしまっては大好きなセックスが出来なくなってしまいます。セフレと思いっきりセックスを楽しむ為にはリスクを限りなく少なくする事が大切になってきます。

 

トップへ戻る