京都のセフレ体験談

京都のセフレ体験談

宇治市在住37歳男性システムエンジニアのセフレ体験談

僕が勤めているシステム開発の会社は京都府の宇治市にあります。僕はそこで日々プログラムを組んでいるシステムエンジニアです。
最初は実家のある大阪から通っていたのですが、さすがに長時間通勤が辛くなってきて、この春に会社近くのアパートを借りました。晴れて僕も京都人になったわけです。
京美人という言葉がありますが、それは本当です。河原町あたりを歩いていると、この土地には美人しかいないんじゃないか?と正直思います。
次第に僕の中で京美人をセフレに持ちたい、という野望がもたげてくるようになりました。
大阪にいた時もセフレはいたのですが、まあ、美人とは程遠かった。何でこんなブサイクと僕はセックスしているのだろう、なんて腰を振りながら思っていましたね。
そこでJメールでセフレ募集を始めたのです。大阪在住の頃にセフレの作り方のコツのようなものはつかんでいました。まあ、ざっくり言えば時間をかけて焦らないことですね。セフレを作ろうと思ったら、作り方としてはひたすら忍耐です。
それはともかく、前述のように大阪は気立ては良くても顔が不自由だったりする女性が多かったので、否が応でも宇治市での出会いについては期待が持てました。
そして、メールのやり取りで仲良くなった女の子と、お試しに会えることになったのです。セフレにできるかどうかは、お試しの結果次第。
JR宇治駅で待ち合わせをしてまして、現れた女の子は想像通りの京美人だったのですよ。これだ、これを僕は待っていたんだ!と心の中で喝さいを上げましたね。
近隣のバーでお互いのことを喋りあいました。口数は多くないのですが、却ってそれがおしとやかさに拍車をかけていましたね。
でも、結論から言うと、セフレにはなれませんでした。一度はセックスをしたのですよ。しかし、これがマグロなつまらないセックスでして。
思えば、大阪の子はブサイクだったけどセックスは気持ちよかったなあ、なんて京都在住半年にしてもう郷愁に浸ったりしています。

 

年齢:37歳
性別:男性
職業:システムエンジニア

トップへ戻る