千葉のセフレ体験談の

千葉のセフレ体験談の

習志野市在住55歳男性小説家のセフレ体験談

50代も後半を迎える小説家です。小説家と言っても、最後に小説を発表したのは3年前に遡りまして、今は当時の印税で細々と日々を過ごしています。
40代の頃はそこそこ売れた小説もあったのですが、50を過ぎると鳴かず飛ばずになりましたね。今でも、旧知の編集者を頼って小説を見てもらっていますが、色よい返事はもらえていません。
もちろん、才能の枯渇が一番の理由ですが、ターニングポイントになったなあと思わせる事象があったのです。
5年ほど前でしょうか、新刊の出版記念パーティーの後、担当だった若い男の子の編集者から出会い喫茶に誘われたのです。まあ、次の小説は男女の出会いを突き詰めたいという私の意図を汲んでのお誘いだったのでしょう。恥ずかしながら、私は周りからゲイなんじゃないか?と言われるほど女性関係には希薄で、未だに独り身なのです。
そこでね、20代半ばの女の子と懇意になったのです。何事も経験だしあわよくばこの出会いを次の小説に生かそうか、とちょっと本気でセフレ募集しようと思ったのですよ。僕の小説のモデルになってほしいなんて、セフレの作り方としては今から考えれば恥ずかしい口説き方でしたね。
習志野市のバラ園にデートに誘ったり、高級ホテルでディナーも頂いたりしました。時には、千葉県から足を伸ばして東京の方まで遊びに行ったりしました。
でも、どうにもベッドインまではこぎつけないのです。いつもいいところまでいくのですが、寸前で彼女に交わされる感じでしょうか。セフレの作り方に失敗したかなとも思ったのですが、私の欲情にもちょっと火が付いてまして、何としても彼女をセフレにしようと貢ぎ始めたのです。
私が彼女に夢中になっている間、本業もおろそかになっていきました。締め切りがあるので何とか間に合わせるのですが、自分でもクオリティーが落ちていたように感じます。私の意識が彼女に吸い取られていたのですね。
結局彼女とは音信不通となりセフレ関係を結べなかったうえに、気づけば貯金通帳の残高のケタが三つくらい減っていました。彼女にとって私は金づるでしかなかったようです。
それ以来、私は納得のいく小説が書けなくなりました。私の情熱と才能を彼女に全て持っていかれたような気がしますね。せめて、この体験をもとに小説を書こうと思いましたが、今の私の才ではつまらないものしか書けそうにありません。

 

年齢:55歳
性別:男性
職業:小説家

千葉のセフレ体験談の記事一覧

地元である千葉県の柏市で美味しい思いをさせてもらいました。今は自分にはセフレが何人かいますがみんなJメールを使ってお世話になっています。今回の女の子も自分のセフレの作り方でうまく気持ちよくなってもらうことができました。やっぱりセフレは正しいコツというか作り方を知っておくだけでルックスは関係なくどんどん新しく開拓が出来ますので良いですね。今回の女の子は千葉県柏市出身ではなく違うところに在住だったんで...

トップへ戻る