富山のセフレ体験談

富山のセフレ体験談

高岡市在住56歳女性書店員のセフレ体験談

 

富山県で書店の店員をやっています。
以前は東京の大手書店に勤めていて、店長職にまで上り詰めていました。
ただ、店長と言う肩書を得た代わりに、すっかり婚期を逸してしまいました。当時は付き合っていた彼がいたのですが、私が店長という仕事のプレッシャーと戦っている間に隙間風が吹いてしまいまして。彼と別れた時には、もう40歳になっていました。
もう、何もかも絶望してしまって地元に帰りたくなりました。そこで懇意にしていた出版社から紹介してもらって、私の地元である高岡市近辺の書店に雇用してもらって今に至るわけです。
今は、店長ではなくてアルバイトリーダーみたいな形です。でもね、さすがに給料は下がりましたがそれでいいんですよ。店長ともなると経営の事ばかりで純粋な本の仕事に携われませんしね。私はこれで満足しています。
もう、この年齢ですからね。結婚や恋人関係と言ったものはあきらめています。でも、セフレは欲しかったのですよ。
東京にいる頃は、売り上げのためなら何でもやる店長と陰口をたたかれていたような人間ですからね、何も失うものはないし思い切ってセフレ募集することにしたんです。もちろん、狙いは若いツバメですよ。
セフレの作り方を考えた時に、会員制のクラブに通うことを考えました。高岡市に出会い目的の男女が通うクラブがあると情報を得ていたのです。こんなおばちゃんに声をかけてくれるかどうかはともかく、セフレを得ようとするならば、作り方としては一番無難なところではないでしょうか。何もなければ、お酒飲んで帰ればいいだけですしね。
こうして、何度か通っている内にある男性から声をかけられました。何と32歳のイケメンでした。もう一発で彼に抱かれたいと思いましたね。
二人でお酒を飲んで、次の休みの時は海岸通りのカフェでお茶をしたりしてね、三度目に会った時にはすっかりいいムードになっていました。
そして、今では彼とはセフレの関係を築いています。
ただね・・・ベッドの中で夢うつつの中で彼が思わずこの言葉を漏らしたのですよ。・・・「ママ・・・」って。マザコンだったんかい!

 

年齢:56歳
性別:女性
職業:書店員

富山のセフレ体験談記事一覧

私は男性でありながら専業主夫をしています。その理由は妻が仕事を辞めたくないからです。子供が産まれてもなかなか預かる保育園が見つからず、私が仕事を辞めて妻は大黒柱として働いていますが、まだまだ主夫に対しても周りの目が痛いです。そんなある日、子供と散歩中に友達に会いました。その友達はワクワクメールを使ってセフレの作り方を話していました。まだやっているのかと尋ねてみると相変わらずセフレ募集しているみたい...

トップへ戻る