世田谷区在住女性38歳介護士のセフレ体験談

世田谷区在住女性38歳介護士のセフレ体験談

高校を卒業してからずっとアルバイト生活を送っていました。結婚もしないでダラダラした生活を送っているせいで親からは毎日社員として働けと言われて誰でも社員になれるかなという気持ちで介護職に働くようになりました。体力勝負なので正直働き始めた頃には肉体的、精神的に疲れてすぐに辞めようと思いましたが、介護を受けるお爺さん、お婆さんの笑顔を見ていたら辞表届けを出すのが先延ばしになってしまい、介護職で働き始めて10年が経ちました。
しかし、きちんと働くようになった私に両親は喜んでくれましたが今度はまだ彼氏はいないかと結婚の心配をされます。職場にはタイプの男性がいないため彼氏も出来ないまま38歳になってしまいました。少しでも出会いを見つけるために始めたのがハッピーメールでした。出会い系は学生の頃によく利用していたのであまり恐怖という気持ちがありませんでした。自分の気になる男性のプロフィールを見て、何人かの男性にメールを送りました。そしてその中の1人の人と親しくなり、ハッピーメールを始めて1ヶ月後に東京都世田谷区にある下北沢駅で待ち合わせをして男性と会うことになりました。
出会った印象はサイトの写真に投稿していた顔写真より素敵な人だと思いました。私よりも2歳年下の男性なのにリードもしてくれて会話もすごく楽しかった。そして、私達はこれを機に週一のペースで会うようになりました。好きな人が出来てから職場の人にも綺麗になったと言われて私は毎日が楽しくなりました。
ところが、何度もデートをしても男性から付き合おうという言葉がありませんでした。手は握るけどキスもします。Hも何度か誘われましたが、丁度生理が重なり断りましたが嫌な予感がよぎりました。私は彼に「私達は付き合っているのかな。」と、意を消して尋ねました。すると、私の嫌な予感は当たりました。彼の口から既婚者でセフレ募集をしていてその相手が欲しくて出会い系を利用したと言われました。
「結婚しているけど、妻とレスが続いてセフレが欲しくて作り方を調べたらセフレの作り方は出会い系が見つけやすいと知りサイトを利用していました。嘘をついてごめん。」38歳の私にはこんな恋愛しか出来ないのかなと思ってしまいました。
その後、私は彼とセフレ関係として今も続いています。結婚は出来ないけれど、それでも刺激は貰えるのでこの恋愛でもいいのかなと思ってしまいました。

 

年齢:38歳
性別:女性
職業:介護士

トップへ戻る