大田区在住58歳重役夫人のセフレ体験談

大田区在住58歳重役夫人のセフレ体験談

私の主人は某一部上場企業の重役を務めておりまして、自分で言うのも憚られますが結構なセレブだと自負しております。
現在は、東京都の大田区に購入した高級マンションで、趣味である陶芸を嗜みながら、悠々自適な日々を過ごしています。
主人は若い頃から会社に目をかけられていてかなりの高収入を頂いていましたし、夫婦仲も円満。来年には念願であった孫も誕生する予定でして、生活には何の不満もありません。逆に不満がなさすぎるのが不満と言いますか。
一つ、後悔があるとすれば、私は大学を卒業後にすぐに結婚をしましたので、主人以外の男性を知らないんです。
それでも、主人のサポートや二人の息子の子育てに没頭している頃は何とも思わなかったのですが、この年になって自分に自由な時間が増えてくるとむくむくとよからぬ気持ちが湧いてきました。
さすがに主人も還暦を迎えて若い頃のようなエネルギッシュな関係は望めなくなっております。しかし、私はまだまだ気持ちは現役でして、セフレを作りたいと思い始めたのです。
ただし、交友関係があまりなくて主人以外の男性に知り合いがいない私に、セフレの作り方なんてわかりません。
しかも、この年齢です。こんなおばあちゃんをセフレにしたいと思う男性がいるのでしょうか?高齢者がセフレを持つ作り方などがあれば教えてほしいものです。
こんな感じで諦めかけていた時にJメールのことを知りました。手軽に登録できるので、ダメでもともとの気持ちでセフレ募集をしてみたのです。うそをついても仕方ないので、自分の年齢などは包み隠さず。
すると、声をかけてくれる男性がいたのですよ。年齢は一回り年下です。私はからかわれているのだろうと思ったのですが、話を聞くと年上の女性が好みなんだそうです。
そこからやり取りを経て、私たちは大田区蒲田の母子像の前で落ち合いました。彼も40を超えていますが、私と同世代のように見えましたし、幸いにも「とても還暦前には見えないですね」なんて言ってくれました。
そして、私たちは関係を持ちました。主人以外の男性とは初めてだったのですが、これまで知らなかった世界が一気に広がったようでした。
ただし、私は人妻で、これは一夜の遊びです。その人とはセフレの関係になりましたが、深みにはまらないように気を付けています。

 

年齢:58歳
性別:女性
職業:専業主婦

トップへ戻る