群馬のセフレ体験談

群馬のセフレ体験談

昔、群馬県の高崎市には高崎競馬と言う公営ギャンブルがあってね。実家の近所だったので、子供の頃はよくおやじについて行ったものさ。
その頃の興奮と感動が、今の俺のベースになってるね。
そのおやじもバクチと酒と女で身を滅ぼして、俺が中学生の頃に亡くなってしまった。本当なら苦労した分、そんなおやじの生き方は反面教師になるところなのだけど、俺は逆におやじの遺志を継ごうと思ったんだよ。
中学校を出てから10年間、がむしゃらに働いて、そこで溜めた金を元手に今は馬券師として身を立てている。おやじと違うのは、勝てそうにないレースには金を賭けないことだな。
ただ、女だけはどうしようもなかった。俺はおやじのように風俗にはハマらなかったし、セフレを作りたいと思っても、セフレの作り方がわからない。仮にインターネットでセフレ募集をしても、こんなフーテンな俺になびく女もいないだろう。これに関しては、流れに身を任せるしかないと思っていたんだ。セフレを得るために俺がしたことと言えば、何もしないことであり、それが俺なりの作り方だったんだ。
高崎競馬場の跡地は、今でもがらんとしている。
俺が幼き頃の郷愁に浸りながら、その光景を見ていると、同じように見ている女性がいたんだ。その女は、毎週俺が通っているウインズ高崎で見かけていた受付嬢だったんだ。
それがセフレを待っていた俺に訪れた流れだった。彼女もまた、高崎競馬場の魅力が忘れられず、競馬の仕事を求めた人間だったんだ。
これがきっかけとなり、やがて俺たちはセフレになった。その日の中央競馬が終わった後、俺たちは高崎駅のペデストリアンデッキで待ち合わせて、デートとセックスを楽しんだものだった。セフレとは言え、おやじとは違って、至ってまじめな付き合いだったんだよ。
しかし、俺たちの出会いのきっかけとなったウインズ高崎も数年前に閉鎖してしまった。そして、それを境に彼女とも疎遠になってしまったんだ。
そして今、高崎競馬場跡地には大型展示場が建設され始めている。時代の流れは、高崎市から公営ギャンブルの匂いを消そうとしている。
活気ある工事現場を見上げながら、彼女もどこかでこの光景に郷愁を感じているのかな、と思ったりしている。

 

年齢:29歳
性別:男性
職業:馬券師

群馬のセフレ体験談記事一覧

暗い性格で、女性からもあまり話しかけられないし、飲み会にも誘われない私はいつも仕事を黙々と働いていました。そのせいか彼女もいません。親からお見合い話をされますがなかなかうまくいきません。仕事が休みの日は家でネットゲームをしたり、YYCで知り合った女性とメールを送ったりしていますが中々会おうと伝えられません。もうメールを初めて1ヶ月が経ちます。そんな私に見かねて、女性から会おうと連絡がありました。久...

トップへ戻る