高知のセフレ体験談

高知のセフレ体験談

高校を卒業してから鳶職に就いて、もう10年が経過しました。足場鳶と言って、建設現場で足場を組む職人です。
特殊な仕事ですからね、10年も勤め上げればもうベテランで、建設現場があるところには引っ張りだこなんです。
ただ、危険な仕事の上に体力勝負ですからね、若い子は長続きしません。おかげで人手が不足していまして、僕も日本中のあちこちに派遣されています。
短い時は一週間程度で済むのですが、長くなると半年以上、現場から離れられないことがありますね。
一か所に定住できないこともあって、彼女も作れません。以前に付き合った彼女とも、仕事の性質上、一緒にいられる時間があまりなくて自然消滅してしまいました。
そのため、今は一定の彼女をゲットすることはあきらめて、現地妻とでも言えばいいのですかね、セフレを作ることを目標にしています。
高知県高知市には、けっこう長い間、滞在しました。高知城の修繕作業にかかわったのですよ。
長い滞在になることは分かっていたので、あらかじめYYCで高知市でのセフレ募集をしていました。
何人かに声をかけていて、実際に会ったのは3人くらいかな。南国美人もいましたし、土佐犬みたいな子もいました。もっとも、すぐにセフレになれるわけではありません。会ってすぐセックスできるセフレの作り方があれば、教えてほしいくらいですよね。ただ、豊富な期間があるわけではありませんからね、結局、デートする仲で終わることも多々ありセフレまで行きつかないこともあって、作り方は難しいですね。、
さて、高知では仕事の合間にその子たちとデートを繰り返しまして、高知の名所を色々と案内してもらいました。こう言う時は知ったかぶっちゃダメなんですよね。案内された場所で素直に感激したり感想を言ったりして、女の子の「教えてあげている」自尊心を満足させるんです。
結局、その内の一人と、最後の最後でセックスができました。観光案内では教えてもらう立場でしたが、セックスは僕が教える立場でしたね。鳶をやっていると、セックスでも度胸が付くものですよ。
その時の彼女とはそれで終わりましたが、今でもメール交換はしています。また高知県に派遣されても、退屈しないで済みそうです。

 

年齢:28歳
性別:男性
職業:鳶士

トップへ戻る