鹿児島のセフレ体験談

鹿児島のセフレ体験談

霧島市在住22歳女性フリーターのセフレ体験談

生まれも育ちも鹿児島県。高校の同級生たちは、みんな仕事や遊びを求めて霧島市を出て行っちゃっいました。
観光に来るにはいいのですが、生活するにはあまりに刺激がない土地ですからね。高校の頃に一番仲良かった子なんて、博多で楽しくやっているようです。
私は、たとえ出会いがなくてもここを離れたくないな。子供の頃から冒険心がなくて無事是平穏の女なんです。悪く言えば、若干引きこもり?
学校を卒業しても地元では職に就けず、今はフリーターで日銭を稼いでいる日々です。
それでも、霧島市が好きで、地元民なのに毎月のように霧島神宮へは通って癒されています。
神様にお願いすることは、地元で素敵な出会いがありますようにってことかな。
平均年齢が高い土地ですからね、何もなければ永遠に何もないのでは、と思ってしますのですよ。
ただ、私も年ごろなのでいい出会いはしたいのです。そこで、前述の博多の親友から、セフレの作り方を聞いてハッピーメールを始めました。彼女曰く、セフレを見つけるのはハッピーメールが一番無難だよって作り方を教えてもらったんです。
でも、私は霧島市以外には出たくありません。こんな田舎でセフレ募集しているような男性がいるのだろうか?と半信半疑だったのですが、私がプロフィールを掲載すると、霧島市在住の男性から何人も声をかけられました。
私と同じように地元愛が強い人が多いのだな、と思って、私はそのうちの一人と交際を始めたのです。
彼は私より6つ年上で地元の企業に勤めています。彼もここが気に入っていて、地元で一生を終えたいなんて言ってました。考え方なんかは私とそっくりで驚きました。そういう人もいるんですね。
そして、彼とは霧島の名所巡りデートを重ねまして、初体験は霧島温泉郷の旅館でしたね。何から何まで、地元。
今ではすっかりセフレです。よく二人で霧島神宮へも行きますよ。願い事は「彼と幸せになれますように」に変わりましたけどね。

 

年齢:22歳
性別:女性
職業:フリーター

鹿児島のセフレ体験談記事一覧

地元でキャバクラNo1になって東京デビューするのを夢にキャバクラで働いていますが現実は上手くいかず、客がなかなかつきません。どうやったら客がつくかなと思った時に、お客さんからワクワクメールの話を聞きました。出会い系の中でも人気のサイトとで、そのお客さんはセフレ募集をしていると言いました。私はセフレの作り方には興味がないので、本当にワクワクメールで店に来てくれる男性に会えるかなと半身疑いながら利用を...

トップへ戻る