エロチャットをした女の子をセフレにしている先輩からの教え

エロチャットをした女の子をセフレにしている先輩からの教え

 バイト先の先輩の攻略方法は、決して難しいものではありませんでした。
端的にいえば、簡単そのもの。
要するに、使うためのサービスを間違わないことだったのです。
先輩「ネットで、本気で女の子と知り合いたいなら、大手出会い系サイトじゃなきゃダメ」
これはキッパリと言っていました。
安全性が段違いだから、女の子のユーザーがすごくいると言うことでした。
攻略方法なのですが、ビックリのエロチャットだったのです。
いきなりセフレ募集するのではなく、エッチな会話からスタートするもの。
エロい通話で興奮を味わいたい女の子の数が、たくさんいる。
リアルじゃない関係だから、オナ電相手はすぐに見つかるのだそうです。
先輩「より気軽なエロい通話で、興奮させてやるんだよ。親密になっていけばいくほど、ビデオ通話でお互いのエロい姿を見せ合ったりも可能。そして最終的な形態がリアルだ!」
すぐにではなく、エロい交流を続けてからの関係の方が、エッチ出来る確率が高いと教えてくれました。

 

 先輩が使っているJメールとPCMAX、この二つの出会い系はとにかくお勧めできると言われました。
安全な出会い系サイトは、18歳以上でなければ利用できないため、10代と知り合っても問題にはならないとも教えてくれました。
それならJD でも、狙ってみようかという気持ちになりました。

 

 エロい通話相手なら、とても早く相手が見つかると言われたため、すぐにアプリを入れました。
JメールやPCMAXの中で通話相手を求めている女の子に、アプローチメールを送ります。
これを繰り返し、女子大生からの連絡を受け取れました。

 

 ひな乃ちゃんは、18歳の現役バリバリのJDでした。
モヤモヤした気分を、スッキリさせたかったようです。
瞬く間にLINE交換にもなりました。
ひな乃「すぐにエッチなこと言ってください」
と、懇願までしてくるので、さすがに焦りを感じます。
未経験のエッチ通話。
何とか頭を振り絞り、エッチな言葉を使ってみました。
ひな乃「そんなの、すごくエッチだよ…」
オマンコを弄りながら、悦楽の声を出し、よがり始めてくれました。

トップへ戻る